景気のメインのことや一般人景気について勉強した

生計などについて学校しました。生計は、私たちの世帯を支出作用を行なう景気主体としてとらえたものです。家庭では、身寄りのだれかが店などに労働力を提供して金を得たり、お金や土を提供して、金利・配当代価や地代を受け取っています。そして、そのギャラによって店などから産物を購入して支出し、一生を営んでいるわけです。店は、形成・輸送作用を行なう景気軸といえます。生計から労働力・お金などの整備を受けて、品やサービスの形成・輸送作用をやり、そこから得た得の一種を利用して法人を維持し、発展させてある。ファイナンスは、世界や地方公共団体を景気の主体としてとらえたものです。生計や店から租税を徴収して、訓練・厚生・その他の公共サービスを渡したり、景気作用のコントロールをはかったりしています。こういう生計・店・ファイナンスの3つの景気軸が、同僚独自の景気作用を行うことによって、国の景気が成り立っているのです。こういう景気のしくみを市民景気といいます。景気について学校できて良かったです。http://www.starsmogcheck.co/